大阪でお洒落な生活を楽しもう!

ただお洒落だから良いわけではない

建築家の意志ではなく、入居者の希望

住宅を選ぶ点として挙げられるのは、何といっても入居する人間がここでの暮らしでキチンと毎日快適に暮らせるかどうかという点だ。だからこそ入居する際に様々な条件で部屋探しをしている人も多いはず。間取りにしても、設備にしても、自分という個人がその部屋に住むとなったら本当にそれで満足できる、どの辺まで妥協できるか、また不便に感じる点はあっても生活する上では納得して暮らしていけるかと、そんな点で住まいを探していかなければならない。

そもそも住宅物件の探し方の根幹はそこにある、ただ洒落ていればそれで良いというのはお金がある人の中でもかなり独創的な考えをしている人だけだ。合わなければ気軽に引越しをすればいいだけのこと、自分にはこの暮らしが一番適しているという、そんな確証が必要だ。デザイナーズマンションというものに捉われすぎていると基本的な部分とはかけ離れた条件で納得して契約してしまい、入居することになってしまうというのは、あまり褒められた住居選択とは言えない。

建築家の意志に即したマンションとはいっても、そこに住む人の意志を考えたつくりとなっていなければやはり長く住み続けるというのは難しい。そうするとデザイナーズマンションと呼ばれるマンションに後どんな意志が組み込まれれば完璧になるのかというと、とある建築会社ではデザイナーズマンションとはただ建築家が設計したマンションというわけではなく、『完全に入居希望者の要望に応えたオーダーメイドマンション』だと述べている。

奇抜であればいいだなんて誰が言った

デザイナーズマンションといわれると個性的、という言葉で言えばなんにでも芸術に昇華されると思ったら大間違いだろう。インパクトという点については他の物件とは似ても似つかないような衝撃を与えるような色と外観を作り出すこともあるが、あまりにおかしなマンションを作ってそれで需要があるかどうか、それを考えてみると意外と求めているのは『シンプルな中に感じられるお洒落感』、というような物ではないか。

デザイン性だけを追及して建築されたものもあるが、そういうマンションを見て本当に住みたいと思うかは実際に住んでみることにより、生活をする上での不便さなども考慮して行く必要がある。またマンションを建設する上での立地、さらに敷地などを最大限利用し、そしてそれら全てを考慮しつつ既成された建築にはない新しいマンションを作り出すことこそ、デザイナーズマンションであると考えているという。

このように考えている建築会社があるというのは少し幸いなのかもしれない、あまりに奇抜なマンションが増えてしまうとさすがに景観上の問題に抵触するのではないかと、そんな心配が浮かんできてしまう。お洒落といってもマンションにおけるデザインの良さは時として害悪をもたらすことになるという点もキチンと考えておかなければならない。


これから先、あるべきデザイナーズマンションのあり方

オーダーメイドといってもやはりある程度創造を膨らませて、案を提出しなければならない。そこは居住者がキチンと提出しなければならないので、案としてはなるべく分かりやすく、そしてより自分の理想とする住まいとはどんなものなのかを、伝える必要がある。例としてあげると、

  • ・美しく良質なデザイン
  • ・豊かで心地よい空間
  • ・住まうことの基本性能を備えている
  • ・時代の方向性をキチンと捉えている
  • ・街並みと環境に配慮した、美しいディテール

こういったような案を出すと建築する側としても、創造しやすくなるので抽象的になってもいいからなるべく案は多く出した方がいいかもしれない。ただ目先のデザインだけに特化した建物に住むというのは意外と窮屈だ、それも自身が契約の問題もあるが、最低でも1年間住まなければならないという点を理解して、より自分の暮らしを確固たるモノにすることが出来るかどうか、そうしたこれからの暮らしのあり方を見つめる必要がありそうだ。