大阪でお洒落な生活を楽しもう!

関西で人気の街は

常に賑わっている大阪で人気の街とは

住宅物件についての話をしていると何かと東京都内を参考モデルにしてしまう。日本で一番人口比率が高いという点もあるが、やはり誰もが一度は東京に来たいと考えている人が多いという点もあって、ケースとして選ばれやすいのは仕方ないが、日本には様々な街が存在している。筆者の友人にしてみると、東京や神奈川といった街よりも転勤先となった中部、西部へと引っ越すとなんだか世界観が変わるとの言葉を度々聞く。本当にそうなのかと思うが、観光にしろ何にしろ街を訪れてみると自分の街とは少し違った雰囲気を感じるのは、やはり慣れていない土地だからなのかもしれない。ただ地元の人達にしてみればそれは当たり前の空気、知らない場所のことを知るためには、まずその街を知るところから始めていくといい。

今回モデルケースとして利用しようと思うのは、西日本の中ではある意味代表的な街としても紹介されることが多い『大阪』に注目してみたい。関西地方といえば京都と並んで抜群の知名度といってもいい、筆者も一度は行ってみたかったと思っていた街に訪れたときには、少しばかり感動したものだ。数日ばかりの滞在だったがそれでも東京などと比べたら大分空気が違っていると思ったものだ。同じ日本でも地域によってここまで違うのかと驚きつつも、実際暮らしてみたらどんな思いになるのかというのも気になるところだ。

そんな大阪では一体どんな街に住むことが理想として人気を集めているのか、そんな情報も気になるところ。これから関西へと転勤、もしくは引っ越さなければならないなどの事情を抱えている人にお勧めしたい街を中心に、大阪を含めた関西地方でどこの街に住みたいのかアンケートを参考に話をしていこう。


西宮が一番人気

今回参考にするのは住宅情報サイトSUUMOで集計されたランキングのもので、まず最初に20代~40代の若者を対象としたこんな街に住んでみたいランキングから話をしていこうと思う。どんな街に住むことが若者にとってアドバンテージだと考えているのか見てみると、やはり人気所というのは何処もかしこも似たりよったりといった所なのかもしれない。

住みたい街総合ランキング

  • 1位;西宮北口
  • 2位:梅田
  • 3位:江坂
  • 4位:岡本
  • 5位:千里中央
  • 6位:なんば
  • 7位:夙川
  • 8位:神戸三宮
  • 9位:御影
  • 10位:天王寺

関西というかなり広い範囲でアンケートを取られた結果となっているが、ランキングのほとんどが大阪と兵庫県の2つに集中しているのは、やはり都市として発達しているからなのかもしれない。意外だが、京都府の街がランクインしていないというのはやはりあまりに人気なのと、建築関係で色々とうるさいからなのかもしれない。

ただこのランキングは基本若者を対象としている前提を考えて見ると、賑わいだ街での生活が何より良いと考えているようだ。これは東京都心に住むことを夢見ている若者が、新宿や渋谷に居住することを希望しているのと同じことに他ならない。若者にとっては何を隠そう、遊べるかどうかというのは自身のライフスタイルにとって重要視しているのが目に見えて取れる。

世帯を持っているか否かで、また変わってくる

こうしたランキングを見ると勘違いしてはいけないのが、すべての若者が共通した価値観を持っているわけではないということだ。若者と呼ばれる人達の中には既に所帯持ち、そして子供を産んでいるという1つの家庭を形成している人もいる。そうなると都市部よりも少し離れた郊外の、閑散としている街に住んでみたいと思っているのであればやはり街に求める条件は異なってくる。一人暮らしであればそこまで環境に配慮したような暮らしではなく、通勤や通学などに最適なところに住んでいたいと感じている人などが多い。働き盛りな年頃だ、何といっても仕事を優先したい、しなければならない人達にしてみると交通事情が整っている街の暮らしが何よりの所望となっている。